ようこそ ゲスト 様

制振材 ブレースリー

お住まいと家族をアルミで支える制震材ブレースリー® 地震による揺れを大幅低減 国土交通大臣認定

 

 

 

制震材ブレースリー®とは

制震材ブレースリー®は、地震による建物の揺れを軽減させる、アルミ製の制震ブレース(制震装置)です。
住宅の木製筋交いの一部分のみをブレースリー®に置き換えることで、制震により地震の揺れを軽減し、木造住宅の倒壊の回避や損傷の軽減につながります。
震度7×125%の揺れで強度の試験を実施したところ、木製筋交いの住宅では揺れ1回で崩壊するところ、ブレースリー®を導入した住宅は、6回連続の揺れにも耐えて性能を保持しており、繰り返しの地震にも強いことが確認されています。
より詳しい内容は動画でご覧いただけます。

 

 

制震材ブレースリー

 

地震による揺れを大幅軽減

ブレースリー®は木造住宅の地震対策のうち、耐震性能及び、制震性能を発揮します。
住宅の構造を強化する耐震対策のみでは、地震の揺れを制御する仕組みではないため、地震で住宅が大きく揺れるとヒビ等の損傷が発生し崩壊へとつながります。

 

 

地震対策別の倒壊シミュレーション動画

ブレースリー®を設置した「耐震+制震」の木造住宅と、「耐震」のみの木造住宅の地震による損傷や破損を比較した動画です。地震の揺れによる住宅のゆがみや破損の違いがお分かりいただけます。

 

 

 

 

 

 

繰り返しの地震に強い、アルミ合金

ダンパーは、地震のエネルギーを吸収し、建物の揺れを低減させる役割があります。 ブレースリー®はこのダンパー部分にアルミ合金を使用。 このアルミダンパーが地震エネルギーを熱エネルギーに変換し、揺れを大幅に低減させています。 アルミダンパーの最大の特徴は、震度7×125%の揺れを6回連続で実施した試験後も変形がほとんど見られず、性能を発揮し続けることができる点です。 下記の動画から、繰り返しの地震にも強いことが確認頂けます。

Before 実験前のアルミダンパー/After 実験後のアルミダンパー

 

 

動的強度試験動画

ブレースリー®と標準筋かいの耐久性能比較をご覧いただけます。
ブレースリー®は、震度7×125%の揺れが6回連続にも耐え、性能を保持しています。

 

 

 

 

 

 

変形量の推移

ブレースリー®試験体のJMA神戸波の125%再現の繰返し加振でも、最大変形量の増加がほとんどなく、繰返しの地震にも強いことが確認されました。
※変形量は2階床面の試験体中央部の層間変形量

 

ブレースリー®は震度7×125%の揺れが6回連続でも性能保持

 

 

 

 

耐久性・耐食性

アルミは耐久性に優れ、経年劣化が起こりにくいため一年を通して壁内の過酷な環境でもほぼ影響を受けることなくその性能を発揮し続けます。

 

ブレースリー®で利用しているアルミ合金は、日本軽金属グループで開発された高品質のアルミ合金A6005C(旧呼称6N01)で、その性能の高さから、新幹線にも使用されている材料です。

 

壁内は点検ができない場所となるため、木材とは異なり錆に強く耐食性のあるアルミは安心です。

新幹線の写真

 

 

 

 

ブレースリー®の高品質が認められ、国土交通大臣認定を取得しました。

ブレースリー®は地震や台風から衝撃を支える耐力壁としても性能を発揮します。
この耐力壁としての性能は、公的機関による「木造軸組み耐力壁の面内せん断試験」により性能評価を受け、国土交通大臣認定を取得いたしました。

認定書の写真

 

 

 

 

 
ご相談やご質問等、
お気軽にお問い合わせ
ください。
お電話でのお問い合わせはこちらから
9:30-20:00[水曜、第1火曜定休日]