ようこそ ゲスト 様

超制震住宅について

超制震住宅

 

 

制震テープで住宅をまるごと制震ダンパー化

超制震住宅は柱・梁と面材の間に「制震テープ」を挟み、住宅を丸ごと制震ダンパー化。
制震テープの粘弾性体が振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、住宅の揺れを建物全体で軽減させます。
今や一般的になった「耐震」構造にこの「制震」を加えることで、今まで以上に高い安全をご提案いたします。

制震テープ

 

 

最大80%、揺れを低減。

制震テープによる層間変位の低減

 

兵庫県南部地震と同等の振動を複数回与えた実物大振動実験において、制震テープを使用すれば、住宅の揺れ(層間変位)を最大80%低減できることを確認いたしました。
これは制震テープを全体にバランス良く配置し、住宅を丸ごとダンパーにしているからこそ為せる業です。

振動実験風景

 

 

110年後も続く制震性能

劣化の三要素の内、制震テープにとって問題となる熱劣化について、アレニウス法に基づいた促進実験により、110年以上の間、粘着強度の変化率は0〜-10%間を安定推移することが確認されています。

 

  • 紫外線劣化
    紫外線劣化
    直射日光が当たらない箇所に施工されるため、影響ありません。
  • 酸化劣化
    酸化劣化
    大気にほとんど晒されないため、影響ありません。
  • 熱劣化
    熱劣化
    実験から、110年後もその性能を維持できることが確認されました。

 

 

耐震+制震で無損傷を目指す

建築基準法で規定された耐震構造は「命の安全」を守ることが精一杯で最低限の地震対策です。
「超制震住宅」は約1000mもの長さの制震テープを家全体に配置することで住宅全体を制震ダンパー化します。
これは一般的な制震住宅の十倍~百倍のエネルギー吸収量に相当します。

 

  • 一般的な住宅
    耐震
    柱・梁と面材を金物で固定することによって強度を高めて、揺れに「耐える」対策 熱劣化

    金物固定は地震を受ける度にドンドン緩んで行きます。
    さらに全体のバランスが取れていなければ、弱いところにドンドン緩みが集中し、全体損傷の引き金になります。

  • 超制震住宅
    耐震+制震=超制震
    地震エネルギーを吸収する装置(材料)を設置して、揺れを「制御する」対策 熱劣化

    度重なる地震に対して繰り返し使用可能ですが、その効果は①エネルギー吸収材の総量と②配置バランスによって大きく差が出ます。

 

 

30年保証

アースリードがご提案する「超制震住宅」の制震性能は30年保証。長期に渡り、安心してお住まいいただけます。
※定期的な検査が必要となります。詳細は弊社までお問い合わせください。

 

 

「超制震住宅」のメカニズム地震の揺れでズレる部位を狙って両面テープ上の粘弾性体を挟む

 

高層ビルの制震装置を木造住宅へ

「制震テープ」は、高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体を、木造住宅用として両面テープ状に加工したもので、110年間以上の高い耐久性を有しています。

右のイラストのように、大地震時に柱・梁は平行四辺形に変形しますが、面材は長方形のまま抵抗するので、これらの間にズレが生じ、柱・梁と面材を固定している釘が曲がったり、折れたりします。
このため住宅全体が緩み、地震の度に変位がドンドン大きくなっていきます。
厚さ1mmの制震テープをこのズレる部位に挟むことによって、粘弾性体がグニュグニュ揉まれることで振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、住宅の揺れを軽減させます。

下のグラフのように、制震テープ有りの場合は数度の大地震を受けても住宅の揺れはあまり大きくならず、繰り返しの地震に対する制震効果が確認されています。

 

バランス良く揺れを吸収

 

実物大実験データ解説

 

兵庫県南部地震に対する倍率と実験回数
新築住宅の固有周期は0.1〜0.2秒と短く、新築時は比較的地震の影響を受けにくいのですが、木痩せや度重なる地震で建物が緩み、固有周期が0.3〜0.5秒へ移行し、地震波と共振して大きな損傷を受けることになります。
余震でドンドン損傷が進んで倒壊に至るのも、このことが原因の一つになっています。

 

 

動画

 

制震テープ紹介ビデオ

 

超制震住宅/耐震住宅比較実験映像

 

 

よくあるご質問

 

なぜ「超」制震住宅なのですか?

他社の制震住宅は、1階のみ、2〜12ヶ所の制震装置を部分的に配置しているだけです。
これらに比べ、超制震住宅は住宅の構造体に非常に大量の制震テープを挟み込み、家全体で地震エネルギーを熱エネルギーに変換し揺れ幅を大幅に低減します。
だから「超」制震住宅なのです。

 

 

超制震住宅と他の制震住宅の違いは?

1)地震による変形を、壁紙が破れないぐらい小さな層間変形(約20mm)以下に抑えられます。他社の制震住宅は、筋交いが折れた後(層間変形で約40mm以上)機能するものもあります。

 

2)他の制震住宅と比べ、地震エネルギー吸収材(粘弾性体)を多量に使うため、地震エネルギーを熱エネルギーに変換する能力が格段に高い(10倍〜100倍)。

 

3)制震として機能するためには、層間変位を集める部材とエネルギーを吸収する部材の2つが必要です。他社の制震装置は集める部材に大半の費用をかけますが、超制震住宅では集める部材が家そのものなので、吸収する部材の制震テープだけで済みます。

 

 

 
ご相談やご質問等、
お気軽にお問い合わせ
ください。
お電話でのお問い合わせはこちらから
9:30-20:00[水曜、第1火曜定休日]
非公開物件情報
一般公開物件
186
会員用非公開物件
268
  • ログイン
  • 会員登録
  • 買いたい物件検索
  • 新築一戸建て特集
  • オープンハウス
  • 新着物件情報
  • 値下げ物件
    • 沿線検索
    • 学校区検索
    • 地域検索
  • こだわり物件検索
  • 駐車場2台以上
  • 駅から徒歩5分以内

この度は株式会社アースリードのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

株式会社アースリードでは東淀川区、淀川区、西淀川区を中心とした不動産情報を豊富に取り扱っています。
東淀川区、淀川区、西淀川区で新築一戸建て、中古一戸建て、土地、マンションなどの不動産物件をお探しのお客様はお気軽にお問い合わせください。

お客様に喜んでいただけるよう社員一同、邁進して参りますので、宜しくお願い申し上げます

お気軽にご来店ください!
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スマホサイト
  • 売却、買取り
  • 物件査定
  • 物件リクエスト
  • 2018.11.19 新着物件を更新致しました。
  • 2018.11.18 新着物件を更新致しました。
  • 2018.11.17 新着物件を更新致しました。
  • 2018.11.16 新着物件を更新致しました。
  • 2018.11.15 新着物件を更新致しました。
  • 2018.11.13 新着物件を更新致しました。
  • 2018.11.12 新着物件を更新致しました。
株式会社アースリード
  • 会社概要
  • 行動指針
  • 採用情報
  • facebook